ブログ

バンビちゃん

 経理・事務を担当しています黒田です。

 以前にもこのブログに書いたことがあると思いますが、石田ゆり子さんのインスタグラムをよく見ています。先月、バンビちゃんという可愛い子猫が1匹増えました。ご存知でない方のために、石田ゆり子さんはすでにゴールデンレトリバー1匹+猫4匹と一緒に生活されていて、この4匹の猫は野良猫の赤ちゃんや「売り物にならない」という理由で動物病院で保護されていた保護猫です。バンビちゃんも、ちょうど1年前に動物病院から一時的に預かっておられ、亡くなってしまった“ばぶちゃん”という子猫にそっくりな保護猫です。

 こういう文章を読みました。
「誕生日がわかっている犬というのは、ある程度の幸せを約束されてきた犬だ。(中略)生まれたときのこともだれかに知られぬまま、生きられるかどうかわからない場面に立たされて、そこから遅れて、共に生きようという人に会う犬もいる。そういう犬は、実際に生まれた日でなくて、いっしょに生きる人に出会った日が誕生日になったりね。その日からは、少しずつ、生きることへの安心感とか、人を信じていいのかもしれないとか、いっしょにいる人たちをよろこばせる方法とか、いろんなことを学んで、幸せを身にまとっていく」(ほぼ日刊イトイ新聞 2020年7月15日)

 石田さんのインスタグラムにアップされる文章を読んでいると、動物への優しさに溢れていて、いつも心温まり、癒されています。たまに一緒に生活している犬猫ちゃんのことが羨ましくなります。

 「美しいものは美しい心でながめ、優しいものは優しい心で接し、その日その日を送っていこう。
          過ぎてゆく月日を宝のように大事にして、一度きりの人生を全うしよう」(坂村真民)

 ここ数ヶ月の間、“怖い”や“つらさ”などといった目先の感情ばかりにとらわれすぎ、そのぶん時間を失ったように思い反省しています。感情をわきに置いておいて、「いま何をすべきなのか?」「何を大切にしないといけないのか?」と考えながら、誰に対しても、何事に対しても“優しさ”を忘れずに日々を過ごしていこうと改めて思っています。

Comments are closed