ブログ

ポツンと一軒家

 経理・事務を担当しています黒田です。

 最近、よく観ている番組に「ポツンと一軒家」があります。日本各地の人里離れた場所に、なぜだかポツンと存在する一軒家、「どんな人が、家族で?一人で?、どんな理由で暮らしているのかなぁ?」とワクワクしながら、時には山深い細い道を車で進まれるスタッフの方たちの行動にドキドキしながら、楽しく観ています。また、スタッフの方たちが目的としている「ポツンと一軒家」の情報を収集しているとき、道中で出会う地元住民の方たちの親切な行動や言葉に心が温まる時間でもあります。

 こういう文章を目にしました。
「それでも、住民がポツンと一軒家で暮らし続ける理由は、そこが好きだからという一点に尽きる。多大なる不便があっても“好き”だという背景には、その人や家族の人生があり、どれもが聞くに値するストーリーだという点も共通している」(時事ドットコムニュース:世相コラム2018年10月14日配信)

 私はかなりの方向音痴なのですが、スマートフォンの道案内アプリを基本的に使わないようにしています。目的地までの通り名などは事前に把握して、歩きながら「こんなお店が出来たんだなぁ、ちょっと入ってみよう」などなど、普段通ることのない街並みを歩く、ということを楽しみの一つとしています。アプリを使うより少し時間がかかってしまったり、本当に迷ってしまったり、ということもあるのですが・・・。

 「不便が不幸だとは限らない」(斉藤茂太)

 便利さだけを求めてしまうという生活も、時間短縮が出来たり良いことがたくさんあると思います。敢えて便利な道具に頼らずに少し不便なことをすることによって“新たなことを発見する”という喜びもあるのではないかなぁと思っています。人間関係でもSNSばかりで繋がるのではなく、直接会って話しをすることにより、長年の友達・家族でも新たなことを見つけられ、また楽しい人生が味わえる、そんな日々を過ごしていければと思っています。

Comments are closed