ブログ

ラグビーワールドカップ

 経理・事務を担当しています黒田です。

 9月20日から始まったラグビーワールドカップもあと少しで終わってしまいますね。日本代表が4連勝で初の8強進出を果たし、台風で被災した方々が少し元気になることができるニュースではなかったかなぁと思っています。私は学生時代からラグビー観戦が大好きで、2016年に亡くなられた平尾誠二さんの大ファンです。ルックスはもちろん、神戸製鋼時代のプレーを見たり、日本のラグビー界のために動かれている姿をメディアを通してみることがあり、いつもスマートな方だなぁと思い憧れていました。

 「時間って命の一部なんですよ。
    今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない」(平尾誠二)

 “今の時間を大事にする”ということは本当に大切なことだと思います。歳を重ねるごとに時間というのがあっという間に過ぎ去ってしまう、という感覚が強くなってきています。「あの時、私は何を考えながら過ごしていたのだろう?」と少し前のことを振り返ったり、「最近なんとなく物事を落ち着いて考えることが出来ていないなぁ」と反省したりすることが最近よくあります。

 このような文章を目にしました。(広田雅将「時計と記憶を重ねる人たち」時間デザイン)
「私たちは毎日、様々な物や情報、コトや人に囲まれて生きている。もちろんそれは素晴らしいことだが、彼ら彼女らを見ると、時々立ち止まった方がいいのではないか、と感じる。慌ただしい毎日でも少し足を止め、自分が関わっている様々な事柄を、単なる記録ではなく、記憶するようにも心がけてみる。それで人生が変わるわけではない。しかし、時計と共に思い出を語る人たちを見ると、記憶するという作業は、間違いなく、人生を豊かにしてくれるのではないか」

 多くの情報や人の中で生きていけるということは、広田さんが仰っているように素晴らしいことですよね。ただ、流れるように慌ただしくすぎていく毎日、自分で少し足を止めて、自分の周りを見まわし、整理しながら時間を過ごしていくことも大切なように最近思います。「今の時間を大事にしている?」と自分に問いかけることを忘れずに過ごしていこう、と思っています。

Comments are closed