ブログ

窓つきマスク

 経理・事務を担当しています黒田です。

 「窓つきマスク」をご存知でしょうか?
 新型コロナウィルスの感染防止のため、今までは日本をはじめアジアの国々で一般的だったマスクを世界中の人たちが着けるようになりましたね。みんながマスクを着けると、聴覚に障害のある人たちが、話し手の口の動きを読むことができなくなって困ってしまう、ということで自宅に余っていたベッドシーツとプラスチック製の透明シートで「窓つきマスク」をアメリカの大学生 アシュリー・ローレンスさんが作られたそうです。コストと送料はクラウドファンディングで調達され、代金も送料も無料で提供されているとのことです。

 彼女がCBSの取材で答えられた言葉です。
 「私たちは今みんなパニックに陥っていて、人を思いやることができていません。だから私は、こんな時でも人々はコミュニケーションを必要としているし、そうできる環境をつくることが重要だと感じたのです」

 「誰かの曇った心にさす虹になりなさい」(マヤ・アンジェロウ)

 新型コロナウィルスの感染拡大により、「基本的には外出をしないようにする」という外出自粛などの緊急事態宣言が全国に発令されましたね。「虐待やDVで悩んでいる人たちはどうしたらいいのだろう?」と考えることはありますが、もちろん専門家でもないので行動にうつすことは出来ていません。緊急時、どうしても人を思いやる気持ちを忘れてしまいがちになりますが、アシュリーさんのような行動を私も含め多くの人ができる社会になるといいなぁと思っています。

Comments are closed