『その他』カテゴリーの投稿一覧

池江璃花子選手

 経理・事務を担当しています黒田です。

 先月、日本競泳女子エース 池江璃花子選手が、18歳の若さで白血病の診断を受けたことをツィッターで公表され、大きな話題になりました。“さらに強くなった池江璃花子の姿をみせられるよう頑張っていきたいと思います”という彼女に、日本のみならず世界からも多くの声援が送られていますね。彼女のツィッターを何度も読みましたが、18歳とは思えないしっかりしたコメントと芯の強さに大変驚かされました。

 同じ白血病を闘ったサッカー選手 早川史哉選手のコメントが心に残りました。
「選手として活躍されていて、周りの多くの方はどうしても綺麗なドラマのように、復帰して再び活躍する姿を見たいと期待していると思いますが、まずは一人の人間として元気になってくれることを僕は願っています。(中略)ぜひ、人の思いやり、温かみという部分で池江選手に寄り添い、温かい想いをみんなで届けていけたらと思います」

 私は今まで大きな病を患った経験がありませんが、“私自身、未だに信じられず、混乱している状況です”という池江選手の言葉通り、病は本当に突然やってきて、その人の人生も、その家族の人生をも大きく変えてしまいますよね。だからこそ、日々を大切に生きなければならない、最近よく思います。

「今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にはできない。
 ここで自分らしく生きることができない人には、次なる道は開けない」(平尾誠二)

 これから先も良いこと・良くないことをたくさん経験していき、その時々にさまざまな感情とたたかう毎日を過ごすのだと思います。どんな時でも、今の時間を大切に過ごしていきたいと改めて思っています。

 経理・事務を担当しています黒田です。

 1月27日、国民的アイドルグループ 嵐が2020年で活動を休止すると発表されましたね。熱狂的な嵐ファンの友達に翌日「大丈夫ですか?」という連絡をしたところ、「大丈夫ではない。2年間は悔いのないようにオタク活動に勤しみます」という返事がきました。熱狂的なファンになった経験がない私は、いつまでもそういう気持ちを持ち続けることができる友達を少し羨ましく思いました。

 会見時、櫻井翔さんの以下の言葉が印象的でした。
 「誰か一人の思いで嵐の将来を決めるのは難しいだろうなという思いがあるのと同時に、他の何人かの思いで一人の人生を縛ることもできないなと思いました。なぜなら、中学生の頃に出会って23、4年一緒にいる大切な仲間ですから、どれだけ時間がかかってもというか、どれだけ時間をかけても、全員が納得する形の着地点を探していかなければならないと。これは僕の役割だろうなと、伝えられた瞬間に思いました」

 話し合いの時に自分の思いを通したいという気持ちが強くでてしまったり、長い時間をかけて話し合うことを邪魔くさいく思ってしまったり、という経験ってありますよね。少し前に家族で話し合う機会が多くあり、その時は話し合いをネガティブに思うこともありましたが、家族で時間をかけて納得した結論を出せたことを、今は良かったと思えています。

 「他人は互いにわかり合えないものです。わかり合えないからこそ、言葉があるのです」(養老孟司)

 職場の人達、友達、家族など人間関係を形成するには、言葉にしないとわかり合えないことってありますよね。どれだけ時間をかけても、言葉をもってわかり合えることを大切にしていきたいと思います。と、これから2年間、嵐の活動を楽しみながらも過ごしていきたいです。

フランス人

 経理・事務を担当しています黒田です。

 昨年末、ソフトバンクで通信障害が発生したことが大きなニュースになりましたね。私はソフトバンクではなく直接の影響はなかったのですが、思わぬところで大きな影響が起こっていることに驚きました。たとえば、QRコードで本人を確認するコンサート会場で混乱が起こったり、新幹線の指定席券が購入できなかったりなどなど、スマートフォンが私たちの生活に占めている割合の大きさを改めて知ることができました。

 「僕の会ったフランス人たちは、例外なく、ゆったりと人生を楽しんでいる。(中略)フランス人たちは、ラーメンをゆっくり食べつつ、おしゃべりをしつつで長居をする。面白いのはお客の立ち振る舞いだ。どの席を見ても、スマートフォンを取り出して、ばちばち打っている人は皆無だし、一人で来た客でさえそうなのだ。(中略)フランス人は、時に何を求めるのか。ゆっくり時間をかけてランチを取るビジネスパーソン、ラーメン屋でパズルを解く客に共通する要素とは、時との上手い付き合い方ではないか。その証拠に、彼らは誰も、スマートフォンを取り出していなかった。そして日本人のように、時に追われる気分を持っていない以上、彼らの作る時計は、正確さよりも、楽しさや美しさを優先したものになるだろう」(広田雅将:生命の目盛りより引用)

 フランス人やイタリア人はランチタイムをゆっくりとり、あまり働かない、というイメージを持っている人も多いように思います。一部でそうなのかもしれないですが、この文章のように時間との付き合い方が上手な人が多いのかもしれないですね。

 「時間の使い方の最も下手なものが、まずその短さについて苦情を言う」(ラ・ブリュイエール)

 私の周りで“絶対にこの人は忙しいはず”と思う人に限って、時間の短さを問題にしている発言を聞いたことがないように思います。逆に“この人はいつ寝ているのだろう?”と思ってしまうくらいです。スマートフォンがあることにより私たちの生活もすごく便利になっています。でも、たまにスマートフォンをしまって、ゆっくりと食事を楽しんだり、友達とのお喋りを楽しんだりする時を過ごすことも大切なことですよね。今年は、時との上手い付き合い方をできるよう過ごしていきたいと思っています。

スクワット、その後

 経理・事務を担当しています黒田です。

 前回スクワットについて書きましたが、その時、上司の方から「スクワットでかえって膝を痛めることがあるので注意が必要です。スクワットのやり方を正しくすることが大切のようですよ」とのコメントをいただきました。「スクワットってこんな感じよね」という思い込みからやり始めていたので、早速、インターネットで正しいスクワットのやり方を調べたところ、私のやり方はNGの1つでした。ということで、正しい方法に修正して続けてやっています。

 「人は思い込みにより、事実を正確に捉えていない事がある」(トーマス・ギロビッチ)

  “思い込み”だけで行動をする、ということってありますよね。行動だけに限らず、人に対しても「この人はこういう人だから」という思い込みで接してしまい、そこから少し外れただけで、「思っていた人と違う」と勝手に否定的になってしまうという経験をしたことがある人もいると思います。たとえば、血液型でその人の性格をおおまかに決めてしまうことがありますよね。私はAB型なので、「AB型って変わっているよね」と言われることがよくあります。以前はそのように言われることが嫌でしたが、最近は言われ慣れたせいかあまり嫌という気持ちもなくなりました。

 “思い込み”ということは悪いことばかりではなく、もちろん良いこともあります。ただ、「これって自分の思い込みでは?」と疑ってみることは、自分の言動を見つめ直すいい機会のように思いました。

スクワット

 経理・事務を担当しています黒田です。

 昨年9月頃からスクワットを毎晩50回やっています。始めようと思ったきっかけは2つあり、1つは“こういう歳の重ね方をしたいなぁ”と思っている女優の草笛光子さんが毎日スクワット65回していると仰っていたこと。もう1つは茶道のお稽古場の方々(皆さん60歳代くらい)が昨年、次々と膝痛に悩まされている姿を目の当たりにしたことです。

 習慣的にスクワットをされているという糸井重里さんのエッセイにこのような文章がありました。
 「15年ほど前にタバコをやめたときと同じで、“どういうよいことがありましたか?”と質問されても、“まだ、よくわからないんです”としか答えられません。禁煙についても、しばらく年月が経ってから“ああ、タバコやめたおかげだなぁ”と思うことがけっこうたくさんあったので、いずれは、“スクワットやっといてよかった”ということになるかもしれません」

 スクワットを始めたことによって、目に見えるような効果は未だありません。でも糸井さんと同じように、いつの日か“スクワットやっといてよかった”と思える時がくるように何となく思っています。

 「生活とは、つまり習慣の織物である」(アンリ・フレデリック・アミエル)

 日常生活で、習慣として行動していることって多いですよね。たとえば、顔を洗う・歯を磨く・お風呂に入る・ご飯を食べるなどなど・・・無意識に体が動いていますね。良さそうだなぁと思うことの中で、出来そうなことがあれば積極的に取り入れ、成長につながる習慣を身につけることができる一年にしたいと思います。

 と、後から知ったのですが、草笛さんも糸井さんもダンベルと一緒にスクワットをされているそうで、ダンベルを追加することにします。

柴犬が店内におちまくっている

 経理・事務を担当しています黒田です。

 少し前、柴犬が床に落ちまくってる文具店が話題になっているという新聞記事を読みました。兵庫県西宮市のとある文具店の店主 安田さんが「本日は柴犬が店内に落ちまくっていて、ご来店いただいたお客様にはご不便をお掛け致しましたこと、お詫び申し上げます。回収しても回収しても、気がつけば、といういたちごっこを繰り返している今日この頃です」とツイッターに投稿されたところ、たちまち話題になったとのことです。今年の夏は酷暑が続き、人間だけでなくペットたちも快適な場所を求めることに一生懸命だったのでしょうね。

 と、我が家にも同じ現象が起こっていました。現在13歳(多分)のお爺ちゃん犬が、この夏、私たち人間との間にある木製仕切りをとうとう嚙み砕いてしまいました。補修をしたのですが、それがとても気に入らなかったようで、次は体当たりで「この仕切りを開けろ」と要求するようになりました。その体当たりの勢いが尋常ではなく、このままでは彼の体がボロボロになってしまう・・・という心配から、仕切りを開放しています。

 結果、彼は気ままに落ちまくっています。ただ夏が終わっても開放することを忘れていたら、体当たりで要求するので、涼しさだけではなく、人間の声が聞こえるところに身を置いて安心したいのかなぁ、と私は勝手に解釈しています。と、彼が人間との間に仕切りがあることをこれ程嫌だったことを分かってあげられなかったことを少し申し訳なくも思っています。

 「その短い人生のほとんどを、犬は私たち人間と歩まなければならない」
                  (シーザー・ミラン、カリスマドッグトレーナー)

 私たち人間は多くの人と出会い、その中で過ごすことが出来ますよね。ペットとして飼われている動物たちは、短い人生を私たち飼い主だけと歩むことになり、言葉をもたないので、私たちの良いように彼らの気持ちを解釈してしまうことが多いと思います。新しい年は、人に対してももちろんですが、動物に対しても「この子がどうしたら楽しく、快適に過ごすことができるのだろう」という思いやりを忘れずに過ごしていきたいと思っています。

コーヒーが冷めないうちに

 経理・事務を担当しています黒田です。

 少し前ですが、久しぶりに映画館に行き、「コーヒーが冷めないうちに」という映画を観ました。内容は、主人公が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には奇妙な都市伝説があり、それは店内のある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるというものです。ただ、いくつかのルールがあり、その一つとして“過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない”というものです。現実は変わらないと分かっていながらも、「もしあの時に戻れたら・・・」という後悔を抱え、過去に戻り、会いたかった人との再会を望む人達が訪れ、人生を見つめ直すさまを描き出された映画でした。

 この原作を読まれた方のあるブログで、「“思い込み”がどれだけ“真実を盲目にさせるのか”ということを感じました」と書かれていたのですが、私も映画を観終わったとき、同じようなことを感じました。最近、長年のすれ違いや思い違いの積み重ねにより、ぎこちなくなった人間関係が生じ、なんとか解決する方法がないかなぁ?と思っていた時期がありました。その時、相談した方の「相手を変えることは出来ないのだから、解決したいと思ったあなたが変わることが良いのではない?」という言葉を少しずつですが実行しています。

 「心の持ち方で結果が変わる。楽観か悲観か、積極か消極か。
   心のあり方如何で、物の見方が変わってくる」(松下幸之助)

 一時的な感情で相手の考え方や価値観を決めつけてしまい、すれ違い・思い違いなどが生じ、結果、修復が難しい溝が出来てしまう、という経験ってありますよね。“過去は変わらないけれど、自分の心の持ち方次第で未来を変えることができる”、この映画を通し、そして自分がその事で悩んだ結果、この言葉の大切さを改めて感じることができました。

過ごし方

 経理・事務を担当しています黒田です。

 少し前、台湾に行ってきました。出発の少し前に台風21号の影響により関西空港が一時閉鎖状態になり、予定通り飛行機が出発することが前々日まで決定されず、ドキドキしながらも、なんとなく楽しみながら時間を過ごすことができました。

 今までであれば、恐らく「どうなるの?どうなるの?」とイライラしながら過ごしていたように思います。今回は「もしこの旅行がキャンセルになった時はこのように過ごそう」と予定を立て、そして近いうちに友達ともう一度日程を調整しよう、と最初から次に楽しむことを決めて過ごしていたことが、なんとなく楽しみながら過ごすことができたのでは、と思っています。まぁ、キャンセルになっても全額戻ってくるという安心感もあったのだと思いますが・・・。

 「“できること”が増えるより、“たのしめること”が増えるのが、いい人生」(斉藤茂太)

 自分の思い通りにならないことが起こった時、イライラしたり、なんとかして自分の思い通りにならないだろうか?と自分中心に物事を考え進めたり・・・という事が今まではありました。結果、自分の思い通りにはならないのだと思い知ることが殆どでした。どの様な状況でも同じ時間を過ごすのであれば、ネガティブにではなく、いつでも“たのしめること”を増やすことができる人でありたいと改めて思いました。

停電

 経理・事務を担当しています黒田です。

 9月初旬、近畿地方を直撃した台風21号により、私の記憶に残っている中で一番長い時間の停電を経験しました。この経験により、“電気が使える”ということの有難さを改めて知ることができました。そして、真っ暗な中で過ごすということがどれほど人々を不安にさせ、ネガティブな感情を起こさせるのか、ということが初めて分かりました。

 「笑ってあげなさい。笑いたくなくても笑うのよ。笑顔が人間に必要なの」(マザーテレサ)

 今回の停電時、時間が経つにつれ家族もネガティブな行動や発言をすることが多くなり、ついつい私もそのことを否定してしまう、という場面がありました。復旧後、「もう少し優しい言い方をすべきだったなぁ」や「あの時、笑い飛ばすことがどうして出来なかったのかなぁ・・・」など深く反省しました。

 これからも地震・台風など多くの災害を経験することになると思います。苦しいからこそ、悲しいからこそ、笑顔を作ることができる人であろうと改めて思いました。

幸せな錯覚

 経理・事務を担当しています黒田です。

 今年の夏、暑い暑い日々が続きましたね。暑すぎる日が続くとどうしても服装が楽な方へ、マンネリ化へ、となってしまいがちなので、少し考え方を変えて過ごすようにしていました。きっかけとなったのは、私の友達の中でもかなりオシャレな友達の存在です。高価なものでもなく、流行を追うでもなく、いつも“自分らしさ”を大切にしていて、どんなに暑い日に会っても小綺麗にしている姿を見て、「私もこのようにありたいなぁ」と思ったことです。

 こういう文章を目にしました(広田雅将「生命の目盛り:幸せになりたかったら」より抜粋)。
 「私たちが感じる時間は、常に私たちの置かれた環境に左右される。(中略)気分を変えるために、違った服装をするのは良いアイデアだ。しかしよほどクリエイティブな仕事でない限り、休日を過ごすような格好で出勤するわけにはいかない。と考えると、時計を変えて時に対する感じ方を変えるのは素敵な解決策に思える。(中略)時計にせよペンにせよ、物は物でしかない。しかし環境を変えられずとも、持ち物を変えるだけでその瞬間を素敵に演出できるならば、それは大いにありだろう。錯覚かもしれないが、それは幸せな錯覚だ」

 限りある時間、多くの人は同じことを繰り返す日々だと思います。たまに旅行に行ったり、友達と会って食事をしたり・・・そんなに大きく環境を変えることは難しいですよね。私はこの夏、マンネリではなく少しずつですが違った服装をすることによって、一日一日を少し楽しむことができました。

 「人はどんな場所でも幸せを見つけることができる」(渡辺和子)

 服装に限らず普段の持ち物を少し変えるという素敵な解決策で、楽しむこと・幸せだなと思えることを見つけ、毎日を大切に過ごしていきたいです。