『遠隔画像診断』カテゴリーの投稿一覧

診療放射線技師対象のセミナーを開催しました。

 経理・事務を担当しています黒田です。

 4月5日(土)に診療放射線技師の方々を対象に「検査別オーダー別 MRI実践セミナー」を開催しました。当日は、10施設から14名の方にご参加いただけました。

 部屋の広さの関係から定員は10名前後と想定していましたが、新たな試みということもあり、私は「人数が集まるのかなぁ?」と実は少し不安でした。でも、早い段階で10名を越えた登録をしていただけたので、ホッとしました。実際には14名は部屋のスペースからは限界ギリギリで、15名以上だとかなり無理がある感じだったのでちょうどよい人数だったなと思っています。

 セミナー自体は、前半のレクチャーは別室で伊藤先生がされ、休憩をはさんでから、後半は読影室で実際の画像をPACSでみていただくハンズオンセミナーという流れで行われました。ハンズオンセミナーは、どんな様子で行われるのか興味が有り、私も同じ部屋で一緒に聞かせていただきました。

技師レクチャ

 17症例の画像で行われていて、部位ごとに分かりやすい画像から難しい画像までを見られていたようです。色んな撮像法を並べてみて、どれが異常を見つけやすいかなどをケースごとに解説されていました。途中、参加者の方々から「あ、これかぁ」と言うような言葉も聞こえてきていました。また、休憩時間などには伊藤先生と画像の撮り方などを話されていたりもしました。

技師レクチャー2 技師レクチャー3JPGレクチャー

 放射線技師の方々を対象としたセミナーは以前から発想はあったのですが、今回ようやく新たな試みとして始めることができました。

 “人間が進歩するためには、まず第一歩を踏み出すこと(本田宗一郎)”

 これからも定期的にレクチャーを続けていき、イメージ・コミュニケーションの「教育活動」が根づき、内容が充実していけば、私達自身の進歩にも繋がると思います。少なくとも年1回は必ず開催しますので、次回もたくさんのご参加をお待ちしております。

診療放射線技師対象のセミナー開催します。

 経理・事務を担当しています黒田です。

 4月5日(土)に診療放射線技師の方々を対象にセミナーを行う予定です。タイトルは「検査オーダー別MRI実践セミナー」です。

 日頃、イメージ・コミュニケーションの読影室では契約していただいているご施設の放射線技師の方々から「今からこんな依頼内容のMRIを撮るのですが、どう撮像すればよいですか?」というような相談の電話がかかってくることがあり、私もその電話のやり取りをよく聞きます。そのようなやり取りをしているうちに、先生方は「よくある質問についてまとめて解説するセミナーを行えば、各施設の方々に喜んでもらえるのではないか」と思うようになったとのことで、今回のセミナー開催が企画されました。先生達は併設している画像センター(梶井町放射線診断科クリニック)では日常的に撮像の相談や指示をしていますが、それ以外の施設の放射線技師の方々を対象にレクチャーするというのは新たな試みです。

 現在、先生達が相談しながら準備を進められているのですが、参加していただいた方々に「来てよかった!」と思っていただけるように、できるだけ実践的な内容にしようと色々と工夫をされています。なお、今回はとりあえず第1回ですが、好評のようなら今後も定期的に開催し、今回取り上げなかった内容についてもレクチャーを続けていく予定にしています。

 申し込み方法などの詳細については近々ホームページに掲載いたしますが、イメージ・コミュニケーションと遠隔診断の契約をしていないご施設の方でも参加していただけるように考えておりますので、興味ある方は是非ご参加をお待ちしております。

読影セミナー:その2

 経理・事務を担当しています黒田です。

 読影セミナーをなぜ行っているのかをイメージ・コミュニケーションの先生方に聞いたことがあります。理由は二つだそうです。

 一つは自分たち自身のスキルアップのためだそうです。教え役になると、上手に教えようとして周辺事項も調べたりするので、それをきっかけに知識がより整理されたり、広がったりするとのことです。

 もう一つの理由は、組織として少しでも教育活動を行いたいという考えがあるからだそうです。その考えに至ったきっかけは、ある放射線科の先生が書いた文書を目にしたことで、要旨は次のようだったとのことです。

スライド2

 「医師は働き始めたら必ず先輩の先生に教えてもらう。教えてもらうので一人前になることができ、それで医療の世界は維持されている。教える側は主に若手医師を多く抱えている大学病院や一般病院の勤務医の先生方だ。そこでは多くの熱意やボランティア精神が注ぎ込まれている。一方、遠隔診断を生業としている医師は通常、教育業務に従事していない。先輩医師による熱意やボランティア精神に支えられて一人前になれたはずなのに、いざ自分が専門医を取って一人前になった後は、後輩の指導はせず、自分達だけのために働いている。仮にこのような働き方をする医師ばかりになればどうなるか。医療は維持されなくなるではないか。」

 イメージ・コミュニケーションのある先生によると、これを目にするまでは「うちは画像診断に特化した組織だから、契約していただいている病院から期待されている業務はあくまで画像診断で、それに専念すればよい。若い先生方への教育はそれが業務として組み込まれている施設が行うものだ」という感覚でいたそうです。確かにそれも一理あるように思えますが、一方、教育が業務に組み込まれている施設といっても、例えばその先生自身が働き始めの頃に教育をうけていた施設を振り返っても、先輩達は指導医としてやらねばならない最低限の分だけ教えているという感じではなく、実際には多大なボランティア精神をもって接してくれ、とても多くの時間を自分達に割いてくれていたそうです。

 続けてその先生は次のように話されました。
「教育が業務に入っているとか、入っていないとか、そんなケチ臭い概念を超えて医療は受け継がれてきたというのが実際でしょう。そう考えると、遠隔診断会社で勤務する医師がボランティアで若い先生方に対して教育活動をすることがあったとしても、何も不思議なことではありません。それどころか、あの文書を書かれた先生も感じて