遠隔画像診断とは

 遠隔画像診断とは、依頼元の医療機関で撮影されたMRIやCTなどの画像をネットワークを活用して電送し、離れた場所にいる専門医が診断を行うことです。


一般的な遠隔診断のメリット

画像診断医の不足を補う
 CT、MRI、PETなどの医療機器を導入しているが診断医が不足している場合、遠隔診断のサポートにより質の高い診断を安定的に担保できます。また、画像診断を週数回の非常勤医師によって行なっているご施設では、遠隔診断を加えることで日々の診断の遅延がなくなり、診療のスピードアップにつながります。
至急診断
 診断を特に急ぐ症例では至急診断を依頼することができます。遠隔診断では各ご施設の検査の混み具合とは無関係に迅速に診断結果をお届けすることが可能です。
広範囲でのサービス提供
 遠隔診断ではご施設の立地にとらわれず、広範囲に均一なサービスを提供することができます。