ブログ

思い込み

 経理・事務を担当しています黒田です。

 祇園祭も終わり、8月になりました。去年の今頃は、日本中がロンドンオリンピックで盛り上がっていましたね。

 先日、ある報道番組でプロゴルフプレーヤー 松山英樹選手と松岡修造さんとの対談を見ました。

 ちょうど全英オープン前のインタビューであり、松岡さんが「どうなりたいですか?最終的には?」と松山選手に聞かれました。松山選手は「メジャーで勝ちたいですね。全部勝ちたいですね、欲をいえば。日本人がメジャーで勝てないのは、体格のせいにしたり、色んなせいにするかもしれないけど、“日本人だから勝てない”とかは思い込みなんじゃないかなとは思います。」という答えをされました。

 まだ21歳で先日プロになったばかりの松山選手の言葉に、私は感心してしまいました。私だったら「試合に臨む前に、あんまり大きなことを言葉にだしちゃって、結果が悪かったらどうしよう…」という思いが先にでてきて、こんなにポジティブな発言はできないのですが、やはり大物と言われる人は違うのですね。

 自分の掲げている目標を達成するための努力や計画的な行動というのは、日々大切ですし、どの人達もされていることだと思います。でも、松山選手が仰っているように、最初から物事を決めつけてしまうという”思い込み”を無くすことも同じくらいに大切なのだということも思いました。私はよくやってしまうことですが、目標が達成できなかった時のことや失敗することのイメージを先にもってしまうことがあります。結局、このようなイメージを先にもってしまうことによって、負の連鎖を自分で呼び寄せてしまい、良い結果に結び付かないのだろうなぁと思っています。

 仕事、勉強やスポーツなどどんなことでも、“優勝したり、トップ集団にいたり”と結果を残している人達は、「他人に勝っているのではなく、最初から物事を決めつけてしまうという“思い込み”をもたないという自分に勝っている」のではないかと思います。自分の掲げている目標を達成するためには、他人と比較したりするのではなく、まずは自分のベストを引き出すことに集中してみるのがいいのでしょうね。私も、最初から物事を決めつけてしまう“思い込み”を無くすように、日々心掛けていきたいと思います。

Comments are closed